「ニュース」カテゴリーアーカイブ

袱紗×バレンタインチョコレート

袱紗×バレンタインチョコ
袱紗や風呂敷で包むことはそのものや相手を大事にする気持ちを表します。ということなら当然バレンタインデーのチョコレートも袱紗で包んで渡すってありじゃないでしょうか?本命にはあなた色の袱紗でチョコを包んで・・・ということでバレンタインデーについて調べてみました。

バレンタインデーとロマンスを関連づけている文書で、現在のところ最古のものと見なされているのはイングランドの詩人ジェフリー・チョーサー(Geoffrey Chaucer, 1343年頃-1400年)のParliament of Foulesと言われています。
日本では女性から男性にチョコレートを贈る日となっていますが、ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人や親しい人に贈ることがある日でカードには、「From Your Valentine」と書いたり、「Be My Valentine.」と書いたりもします。もともとは豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の祭りのパートナーを選ぶしきたりが転じて恋愛のパートナーとなりました。

贈り物の種類はさまざまですが、チョコレートも贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまっています。キャドバリー社の2代目社長リチャード・キャドバリーが1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売。これに前後して、キャドバリーはハート型のバレンタインキャンディボックスも発売した。これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人などへの贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていった。英語では固形チョコレートはキャンディの一種として扱われることもあるので、この製品のことを「キャンディボックス」と表記している文献もあります。

元々の起源はローマ帝国時代に遡るものだそうです。・・・・
ローマ帝国時代のローマでは、2月14日は女神ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。マ帝国皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止したといわれている。キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされる。処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。(出典:Wikipedia)

焦茶色を染めました

焦茶色
焦げ茶色
秋色として「焦茶色(こげちゃいろ)」を染めました。辞書では黒みを帯びた茶色、深い茶色となっており、英名はdark Brownです。 流行に左右されない長くお使い頂ける落ちついた奇麗な色に染まったと思います。写真ではなかなか色が表現できませんので興味を持って頂けましたら色見本を請求してください。

秋色「茜色」と「桔梗紫」を染めました

茜色と桔梗紫
茜色と桔梗紫
秋のお色として、茜色(あかねいろ)と桔梗の紫を染めてみました。左が茜色、右が桔梗紫です。 茜色:(あかねいろ)は日本人にもっとも馴染みの深い秋の色、色名の一つではないでしょうか?アキアカネという赤トンボや夕暮れの空の形容として人々の思い出の中に印象のある色だと思います。
鉄紺、紺、紫、桔梗紫
鉄紺、紺、紫、桔梗紫
桔梗色:(ききょういろ)古名を「きちこう」「きかういろ」ともいい、平安時代から使われてきた色名。日本の秋の季節を代表する色名であり、青紫の代表的な伝統色名。二枚目の画像では一番右の色(左から鉄紺色、紺色、紫色、桔梗紫) この秋の商品としての色見本に追加しますので興味のある方は色見本を請求してください。

商品版「ナデシコ色」ご用意できました

ナデシコ色
ナデシコ色

商品版のナデシコ色がご用意できました。既にご用意のある「桜色」(明るめの桜色)、「ピンク色」(少し渋めの桜色)に、優しい中に強さを感じる活動的なイメージの桃色系ピンク色として「ナデシコ色」を追加しました。今年結婚される記念にいかがでしょうか?本日以降ご請求頂く資料の色見本に「ナデシコ色」が追加されますので実際の色はお送りする生地・色見本でご確認ください。