七夕のこと

七月七日は七夕(たなばた)です。七夕は日本、台湾、中国、韓国、ベトナムにおける節供、節日のひとつ。もともと七夕hお盆行事の一環で精霊棚とその幡(はた)を安置するのが七日の夕方であることから七日の夕で「七夕」と書いてたなばたと発音するようになったとも、中国の行事であったものが奈良時代に伝来し、元から日本にあった棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさった言葉とも言われています。その他、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作と蚕織をつかさどるため、それにちなんだ種物(たなつもの)、機物(はたつもの)という話が「たなばた」の由来とする江戸時代の文献もあります。

こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。(出典:ウィキペディア)