水引飾り

御節(おせち)について

御節(おせち)
日本の文化、もてなしの心など普段何気なく見過ごしてしまっていることの由来等を調べて書きとめていきます。今回のテーマは正月にちなんで「御節」(おせち)です。
正月の重詰めの料理を一般的には御節と呼びならわしているが、元来は御節供の利尺で人日(正月七日)、上巳(三月三日)、端午(五月五日)、七夕(七月七日)、重陽(九月九日)の五節供に用いられた祝膳のこと。節供は節会(せちえ)に供された宮廷の宴席料理で、その起源は遠く中国の行事に由来するという。
平城、平安と調停で催された節会の神事の作法はやがて武家社会に受け継がれ、江戸時代に至って徳川軍家が定めた五節供により定型化した。正月七日に節供を選んだのは、この日が白馬節会で天応が白馬を閲して年中の邪気払いをするところから、武芸にゆかりのある祭りの日として選んだものらしい。(出典:懐石サントリー)