春分の日について

3月21日は春分(しゅんぶん)は、二十四節気の第4。昼と夜の長さが等しくなります。春分の日は、国立天文台の算出する定気法による春分日を基にして閣議決定され、前年2月1日に暦要項として官報で告示されるのをご存知でしたでしょうか?また春分の日はイラン暦の元日、ノウルーズ(nawrūz)はちょうど春分の日に当たり、イランを中心に、中央アジアからアフリカまでに及ぶ広い地域で祝われる祭日です。ヨーロッパなどでも、春分をもって春の開始とします。いくつかの国では休日とされています。キリスト教で復活祭の日付を算出するには、春分を基点とし、春分後最初の満月の次の日曜日を復活祭の日と定めています。(2014年3月6日)